豆知識

紙のサイズについて

印刷会社にとって必要不可欠な紙。一般的によく使われているのはA4やB5というサイズだと思いますが、最初からこのA4やB5というサイズがあると思われていませんか?
それは誤解です。紙のサイズはJIS(日本工業規格)で定められており、A4・B5というサイズは「紙加工仕上り寸法」にあたり、その元となる紙のサイズを「原紙寸法」と言います。

原紙にはA列本版、B列本版、四六判、菊判、ハトロン版の5種類のサイズがあります<表1>。 この原紙を裁断(カット)することで、A4やB5といったサイズが出来上がります。

紙加工仕上げ寸法には0判から12判まで大きさがあり<表2>、短辺と長辺の比が1:√2の長方形になっています<表3>。例えばA4を半分に切るとA5が出来上がります。反対にA4の長辺同士をくっつけるとA3が出来上がります。

<表1>
原紙寸法 (単位:mm)

名称 寸法
A列本判 625×880
B列本判 765×1,085
四六判 788×1,091
菊判 636×939
ハトロン判 900×1200

<表2>
紙加工仕上げ寸法(JIS規格) (単位:mm)

番号 A列 B列
1,189×841 1,456×1,030
841×594 1,030×728
594×420 728×515
420×297 515×364
297×210 364×257
210×148 257×182
148×105 182×128
105×74 128×91
74×52 91×64
52×37 64×45
10 37×26 45×32
11 26×18 32×22
12 18×13 22×16

<表3>

豆知識TOPに戻る