豆知識

さまざまな印刷方式

凸版&活版

従来は、鉛の活字を版組みした上にインキを着けて紙に印刷していましたが、現在では版は樹脂で成型されており、凸型に文字や画像部が浮き出た版の上にインキを乗せて、印刷しています。輪転機などの高速印刷にも使用されています。

●用途
昔 … 一般印刷
今 … 新聞、コミックス、週刊誌など

平版

別名オフセット印刷。現在主流になっている一般的な印刷方式で、凸版と比べ凹凸がほとんど無い為にこう呼ばれます。水を使用し水と油の性質を利用する事で、必要な部分にインキを乗せて印刷します。この方法を発見したのは、一説ではクリーニング店だと言われていますが、定かではありません。また版面に特殊な加工を施し、水を使わない「水無し平版」もありますが、極少数。ちなみに「オフセット」とは、版面上のインキをゴム材を巻き付けた胴に一旦移して(オフ)から、素材に転移(セット)させることからこう呼ばれます。

平版の主な、版材について
■CTP版
「Computer To Plate」の略で、現在主流の版出力方法。
プレート自体は専用PS版(Pre-Sensitizedの略。予め感光膜を塗布したアルミベースのプレート。)を用いて、アプリケーションで作成されたデータを「セッター(Setter)」と呼ばれる専用出力機で、露光方式は精細な画線を描画するためにレーザーを用いて直接焼き込み、画線部を描画していきます。その波長により主に「サーマル」と呼ばれる熱露光タイプと、「フォトポリマー」と呼ばれる可視光タイプの2種。昨今は環境に配慮し、現像レスタイプや現像液を循環ろ過して排出量を削減するタイプなどが増えています。

■デジタル印刷
これまでのような「版」を用いず、データから直接媒体に印刷する方式。一般家庭でも馴染のあるところでは、インクジェット方式やトナー方式など。従来よりも印刷までの工程が短いため、短納期が可能。また、宛名印字などと同じく顧客それぞれに応じたデータ可変印刷にも対応。まだロット次第ではコストが高くなることや、用紙の選択肢が狭いこと、また近年高速化が進んだとは言えインクジェット方式では、印刷方式に起因する速度の問題などもありますが今後は印刷の中に於いてその比重を増やしていくでしょう。

●用途
チラシ、パンフレット、カタログ、その他多種

凹版

別名グラビア印刷。金属のシリンダーに画像を彫り込み、インキを流した後ドクターと呼ばれるヘラでインキを掻き取ることで凹部にインキを残し、これを転写させる方法。凸版とは逆に、画像部が凹んでいる為にこう呼ばれる。耐刷能力に優れている為、大量の印刷に向いているが、版となるシリンダーの金属メッキが高価な事と、処理に使われる溶剤が有害である事などから、現在では扱う印刷会社も減少傾向にあります。

●用途
出版物、建材、紙器、包装材、その他

孔版

別名スクリーン印刷。代表的な方法として、ステンレス(ナイロン・ポリエステルの物もある)製のメッシュに樹脂を塗布。模様となる部分にのみ版に穴を開け、そこにインキを流し込み素材に印刷します。版となるステンレスのメッシュが柔軟である為、紙以外の凹凸のある布や、ガラス・金属などの他、ビンや缶等の曲面へも印刷が可能です。また、インキを厚く(オフセットで2~5μm、スクリーンでは30~100μm)盛る事が可能なので、香料インキや夜光塗料インキなどの印刷も可能です。

●用途
缶、ビン、布製品(Tシャツなど)、その他

豆知識TOPに戻る